フラット35の事前審査と申し込みについて

新しく家を購入するためにフラット35を申請したけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをちゃんと分かってらっしゃいます?どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。
フラット35といえば、ずっと固定金利だし保証料や繰上げ返済手数料0円など、メリットもたくさん!もしも年収200?300万円の方は難しいかもしれません。
3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。
クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。
全て確認して条件を満たしているという方は、今一度今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。
審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。
フラット35などといった住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金などフラット35などといった住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
フラット35などといった住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。