FX主流の短期トレードとは?

FXの主流は、短期トレードです。
一般的には、デイトレといいます。
デイトレの「デイ」とは、日本時間でいう0時から24時とは違い、ニューヨークでの時間です。
つまり、世界における金融は、ニューヨークを中心として動いているというわけなのです。
短期トレードは、価格が急激に変化する危険性が低めになりますが、そのかわり、大きな利益も得にくくなります。
FX初心者が気を付けておくべきことはレバレッジを注視することです。
市場が予想と異なった動きをしているにもかかわらず、適当に買い下がっていると、知らず知らずのうちにレバレッジが高くなった状態になり、証拠金維持率などをいつも気にしていないと強制的にロスカットされます。
ロスカットさせられることになれば、大きな損失を受けることがほとんどです。
投資で常に考えるべきリスクとして追証といわれるものが存在します。
当然、FXでも起きる問題です。
利益をあまりにも求めすぎてあるだけの資金でまわそうとすると、証拠金の維持率を下回ってしまうことも、よくあるのです。
そうなってしまえば、取引が思い通りにいかなくなるため、余裕を持って資金を運用することが利益に繋がります。
FXにおけるスワップというのは、外貨の購入時に借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差額のことをいいます。
スワップと略称されることも多いですが、正しい専門用語では、スワップ金利あるいはスワップポイントという名で呼ばれています。
このスワップ金利は日々変化しており、その通貨を維持している限り受け取りができます。