光回線業者がお年寄りを訪問してきたら要注意です

ここのところ、光回線業者がお年寄りの自宅を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えつつあります。
そのような事態を鑑みて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
転居してきた際に、入居するアパート自体に、光回線が実装されていなかったため、契約の後に工事をおこなわなけれないけませんでした。
工事の担当者はすごく清潔感があり、説明も細に入っていて会社に対しての評価も高いものになりました。
光から光乗り換える理由として多いのは、現在の月料金より低額になったり、キャンペーンがお得だったり、スマホの料金などとパックで割引になったりすることがあるからです。
考えてみればずいぶん長いことネットを使ってきています。
光回線の会社を変えて何社かを渡り歩いてきました。
今までに光回線を使用して通信速度に遅いと不満を感じたことは一度もありませんでした。
動画を視聴する時にも快適で、他の回線にもう戻ることはないと感じております。
wimaxプランのパスポート1年というサービスは利用登録料金が税別で三千円です。
利用開始の月、もしくは契約を更新した月から起算して、十二ヶ月が契約の期間となります。
更新月に解約手続きをしない場合は、さらに契約期間が自動的に延長されます。
契約更新の月に解約手続きをした場合は、違約金の請求はありませんから、更新月を忘れないでおきましょう。