住宅ローン借入れシミュレーションとは?

自宅兼事務所の資金のために用意するのが住宅ローンです。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側もあなたの年収や勤続年数をしっかりと審査に確実に通る。
といった甘い感じではありません。
通らない方ももちろんいらっしゃいます。
よくある基準として年数は3年以上、自営業者の場合の年収は300万以上これが最低クリアしなければいけない年収のラインと言われています。
自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。
だけども、家を建てることはかなり大きな出費になります。
このため、現金をすぐに用意する。
という事は、かなり難しいです。
では、借金をするための自営業者の住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。
簡単な方法としては銀行や信用金庫といったところでしょう。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。
住宅ローンには、フラット35という種類のローンもあります。
フラット35の様に、ずっと金利が変わらない住宅ローンは安心ですよね。
世の中の経済状況に左右されることなく、ずっと金利が変わらない。
という点は特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただフラット35のローン自営業でも通る住宅ローン審査をします。
それにより、自営業者の住宅ローン自営業でも通る住宅ローン審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査の基準が異なります。
フラット35のローン自営業でも通る住宅ローン審査は一般の住宅ローンとは審査は、他の自営業者の住宅ローンと少し目の付けどころが違います。
住宅の価値よりも収入を重視して自営業でも通る住宅ローン審査を行います。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、これは、価値がある住宅ですと自営業でも通る住宅ローン審査が通った。
という方も多いです。
自営業者の住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。
借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。
ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。
なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。
無料で借り換えOKという所はほとんどありません。
借り換えを考えている時はそういった事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。
今後、新築を建築する計画を立てている方、実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかをきちんとした数字を出したい場合はシミュレーションしましょう。
賞与などを利用した返済にするのかしないのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。
どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。
とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。
もっと聞きたいことなどあれば、直接担当者の方に確認しましょう。